河野球人のバレエや学校や父や母は?松井秀喜との関係がスゴイ

こんにちは、エムです。

元明徳義塾野球部で、
「松井秀喜を5連続敬遠した男」
である河野和洋さんの長男・球人(きゅうと)君が
バレエで全米デビューを飾るそうです。

現在9歳の河野球人さんの学校はどこなのでしょう。
またバレエの実力もみていきましょう。

スポンサードリンク

河野球人さんのバレエの実力や学校は?

河野球人さんは、6歳からバレエに夢中で
この度、米ニューヨークの
「ユース・アメリカ・グランプリ」のファイナル出場
することになりました。

第4回とうきょう全国バレエコンクールでは
バレエシューズ部門で、女子に混じって
3位と入賞しています。

YAGP(ユース・アメリカ・グランプリ)とは

ボリショイバレエ出身のラリッサとゲナディ・サヴェリエフによって
1999年に創設されました。

現在、プロのダンサーになるための足がかり
ともいわれています。

ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)は、
世界有数のダンススクールで、
奨学生として学ぶ機会を与えられるもので
アメリカで唯一のバレエコンクールです。

毎年ニューヨークで開催されていて、
国籍に関係なく9から19才のダンスを学ぶ生徒を対象です。

日本代表として選ばれているのは
スゴイことですね。

スポンサードリンク


河野球人くんの父の河野和洋さん

河野球人くんの名前も
河をとったら、

「野球人」

となっていますから、
お父さんはきっと、野球をやらせたかったに
違いありません。

河野球人くんが、幼い時に
野球を教えたそうですが
厳しすぎたせいか、一週間でやめてしまったそうです。

投手だった河野和洋さんは、
あの松井秀喜選手を
馬淵監督の指示で
5敬遠をしたことは、ずっと語り継がれていますね。

河野和洋さんは、その後専修大の大学野球と
ヤマハで社会人野球の末
米国の独立リーグでもプレーし、NPB入りを目指しました。

結局夢は、叶わなかったのですが、
クラブチーム・千葉熱血MAKINGで、
選手兼任監督で、41歳まで現役を続けました。

しかも、背番号は松井さんの代名詞の55です。

当時は、相当な非難も浴びましたが
前向きに、捉えようと思ったそうです。

父親として、自分の夢を押し付けることなく
お子さんが自分でやりたい夢を
応援できるのも、自分の置かれた立場を
ポジティブに、変える事ができたからなのでしょうね。

河野球人くんが、バレエの道に進み、夢を追いかける姿は、
ご自身の姿にも重なって見えるかもしれませんね。

お父さんとして
心から応援している様子が、わかります。

河野球人くんの母親は

お母さんの由利子さんが、
クラッシックバレエを以前していたことから
息子さんも夢中になったようです。

以前のお仕事は、静岡テレビで、ディレクターだったようです。
さらに、大学は、Columbia College Hollywood TV/Video
だったそうなので、英語も堪能なのでしょう。

ご両親のバックアップで
河野球人くんの
素晴らしいバレエの才能を
伸ばしてほしいですね。

今後の活躍を期待したいと思います。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*