アニサキスの食中毒の激痛の予防とは?家庭でできることは

アニサキスの食中毒の激痛の予防とは?家庭でできることは

こんにちは、エムです。

鮮魚など生の魚に寄生する
アニキサスの食中毒の
被害が増えているそうです。

渡辺直美さんや山里亮太さんや
庄司智春さんもこの症状で
大変な激痛と伴ったそうです。
予防法とはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

アニサキスの食中毒の激痛

様々な魚に寄生する
アニサキスは、生きたまま
身体に入ると、胃の中で
暴れて、粘膜を傷つけ、激痛を伴う
そうです。

生きたままアニキサスは、
10年で20倍と増えているそうです。

輸送技術が、発達して
今まで生きたまま輸送できなかった
魚も簡単に食べることができるようになったことで
増えているのだそうです。

アニサキスは、寄生虫の一種です。

幼虫の大きさは、長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、
白色の少し太い糸のように見えるそうです。

アニサキス幼虫はサバ、イワシ、カツオ、サケ、
イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生するそうです。

プラントンに寄生した
アニキサスは、それを食べた魚に
寄生するそうです。

では、予防はどうしたらいいのでしょう。

酢でしめてても、わさびをつけて食べても
アニサキスは、死滅することはありません。

スポンサードリンク


アニキサスの予防方法とは

アニキサスは、-20度24時間で死滅します。

養殖の魚やおろした瞬間に
海水を濾過した中で育てられ得た魚は
プランクトンにつくアニサキスがつくことはないそうです。

家庭で、予防する時には、
魚をさばく時に、内臓をすぐに取り除くことや
目視して、アニキサスがいないか直接見る必要があります。

アニキサスは、2-3センチの大きさで
ヒモのようにみえるそうです。

また、飾り包丁をいれることで
寄生虫を殺すことができるそうです。

・しっかりと見ること

・飾り包丁を入れること

・傷に弱いので、よく噛んで食べること

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*