伊藤明子(みつこ)の経歴がスゴイ!大学や職業に林先生も驚き

伊藤明子(みつこ)の経歴がスゴイ!大学や職業に林先生も驚き

こんにちは、エムです。

林修の今でしょ!講座で
最強の夏野菜を紹介してくれる
伊藤明子(みつこ)さん。

お医者さんではありますが、経歴がすごくて
ビックリです。

こんな先生が言うことだったら
患者さんも納得できるだろうなと思ってしまいます。

スポンサードリンク

伊藤明子(みつこ)さんの経歴

伊藤明子(みつこ)さんは、現在、東京大学医学部付属病院の
小児科の医者として、つとめています。

ところが、実は医学部に入学したのは
なんと、40代のころだったそうです。

大学は、東京外国語大学で、大学に在学中から通訳の仕事をしていました。
同時通訳の仕事は、キャリア20年以上
オバマ大統領就任演説テレビ放映同時通訳や
スペースシャトル中継をしていたそうです。

各国首脳などの国賓通訳や報道通訳などを
行っていました。

それだけでもスゴイのに、
医学部に入学するなんて
もうビックリです!

近代西洋医学・東洋医学・東西の自然療法を統合した
「統合医療」を展開する目的で、
医学部に入学
したのだとか。

同時通訳の仕事もしながら、医学部を卒業しています。

現在の仕事は、週の約半分、研究室で研究業務で、
東大病院の小児科の外来を行い、
土日は会議通訳の仕事や一般小児の臨床(診療など)だそうです。

小児科医、同時通訳者、研究者でもあり
さらに、男の子と女の子の二人のお子さんのお母さんでもあります。

スポンサードリンク


伊藤明子(みつこ)さんの大学は

伊藤明子(みつこ)さんの年齢は、おそらく
50代なかばではないかと思われます。

小学生のときに父親の仕事の関係で
イギリスに住んでいたそうです。
中学の終わりごろに帰国した帰国子女だったこともあり
東京外語大在学中から、通訳の仕事をはじめたそうです。

自分が好きで、統合医療(西洋医学と東洋医学、自然療法を統合した医療)
の勉強をしているうちに、
臨床に関わりたいと思うようになったのだとか。

そして、長男が小学校に入った時に
自分も帝京大医学部に入学したそうです。
半分の年齢の生徒たちに混じって、解剖学など
を学んだそうですよ。

それはそれで、結構楽しいかもしれません。

年齢が上の人が同じ環境で学ぶのって
若い学生にとっても、とても刺激になったことでしょう。

社会人で勉強するというのは、
とても有意義だと思います。



★伊藤明子(みつこ)さんのプロフィール★

出身地:大阪

大学:東京外国語大学イタリア語学科卒業(1984年)
   帝京大学医学部卒業(2003年)
1996年有限会社アクエリアス設立(会議通訳、翻訳、国際会議コーディネイト業務)

職業:会議通訳者、翻訳、医師

講義:通訳養成学校にてプロ通訳者対象クラスで「医学英語同時通訳」講座担当
翻訳書:「赤ちゃんはいかに賢いか」ドーマン著 ドーマン研究所発行ほか   
著書:「イタリアン・テルメ ~自然の力で心身の癒しを~」エルゼビア・ジャパン発行

母親の目線もあり、医学部ですが
様々な同時通訳をしていることからも、医学だけでなく
幅広い知識もあることから、話してくれる内容は
とても説得力があります。

林修の今でしょ!講座で
発表される
本当に体に良い「夏」野菜ベスト5にも
注目したいですね。

★夏野菜のペスト5★
1.モロヘイヤ
2.えだまめ
3.しそ
4.ミニトマト
5.パプリカ

でした。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*