大竹壱青(バレーボール)の身長も父親譲り?高校や大学は

こんにちは、エムです。

男子バレーで活躍している
大竹壱青(いっせい)選手は、石川選手と
同じく中央大学の4年生です。

実は、小学生の頃に
我が家の息子もバレーボールをやっていて
試合に何度かあたったことがあります。

すでに、大きくて目立っていました。
父親もバレー選手だったので
すでに身長も高くセンスもあったのでしょうね。
高校や大学でも活躍しています。

スポンサードリンク

大竹壱青(バレーボール)選手の身長は父親ゆずり


出典:twitterより

大竹壱青選手の身長は、201センチあります。

大きいですよね。

小学生の頃から、170センチ以上あったので
子供の中に大人が混じっているみたいで
一人で試合しているようでした。

父親の大竹秀之さんは、1992年バルセロナ五輪や
ワールドカップ4回、世界選手権3回などに
出場したことがあるバレーボール選手で、
身長は、208センチです。

実は、本当は、213センチだったそうですが
恥ずかしくて、208センチと言っていたという
噂があるそうです。

父も同じ大学で中央大学在学中
全日本代表に選ばれました。

長身を活かしたスパイクでは
349cmから、打ち込み

ブロックの時には
ジャンプした高さ335cmで
とめていました。

★大竹 壱青選手のプロフィール★

生年月日:1995年12月03日

出生地:神奈川県

身長:201 cm

体重:100 kg

ミドルブロッカー

経歴:
サレジオ中学校(東京)→東亜学園高校(東京)
大学:中央大学

大竹壱青選手の家族は

大竹壱青選手の姉である
大竹里歩(おおたけ りほ)さんは、

Vプレミアリーグの
デンソー・エアリービーズに所属し活躍しています。

★大竹里歩(おおたけ りほ)選手のプロフィール★

生年月日:1993年12月23日

身長:183cm

出身校:下北沢成徳高校(東京都)

ポジション:ミドルブロッカー

家族皆で、バレーボールの選手です。

石川選手の妹もバレーボール選手で
頑張っています。

中央大学で石川選手の同級生ですが
柳田選手の弟も中央大学の
バレー部に、所属しています。

それぞれ兄弟ともに皆活躍していますから
東京オリンピックもとっても楽しみですね♪

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*