ミニレターの料金の値上げとコンビニで販売?危険もチェック

こんにちは、エムです。
郵便切手が値上げされましたね。
ハガキが、62円で、封書は82円となりました。

そこで、62円でありながらも
ハガキの3倍も書ける
郵便書簡であるミニレターが、
にわかに脚光を浴びています。

安くて、便利なので
使わない手はないですね。

ところで、コンビニで販売しているのでしょうか?
また厚さはどれくらいまでならOKなのでしょう。

注意したい点もしっかりチェックしておいてください。

スポンサードリンク

ミニレターの料金とは?

封筒との比較

左がミニレターで、右が封書です。
62円の切手が、あらかじめ印刷されていて、
中を開くと、便せんになっています。

ミニレターは、郵便書簡と言われるもので
普通の封書よりは、大きさは、
少し小さいもののとなっています。

「切手+便せん+封筒」
一緒になったものです。

中をあけたところ

だいたい、30行以上の文章も書くことができます。

ハガキよりも、分量が多くかけますから
同じ値段なら、こっちのほうがいいですね。

おまけに封書になっていますから
ちょっとしたものを、入れて送ることもできます。

ミニレターの販売場所とは?

切手やハガキだったら、コンビニでも売っていますが
ミニレターは、残念ながら
コンビニでは、売っていません。

郵便局や土日も空いているゆうゆう窓口でしたら
取り扱っています。

オークションでも売られていることもあるようです。

スポンサードリンク


ミニレターの注意点とは?

ミニレターは、封書としても利用できます。

ただし、重さが25gを超えるてしまうと
定形外郵便物の料金がかかってしまいますので
注意
してください。

ちなみに、写真だったら、数枚くらいは
同封できます。

さらに、
図書カードや
QUOカード
旅行券などの
小さいものだったら、問題なく送ることができます。

現金の送付はできないので
現金を送りたい時は、
郵便局の現金書留を使ってください。

また、重さが25g以内でも
パンパンになるようなものだと
糊付けの封書があいてしまうことがあり
途中で、バラバラになってしまうこともありますから
十分注意してください。

ちなみに、ポケットティッシュぐらいの
厚みだったら大丈夫そうです。

糊付けのあとに、セロテープでの
補強をしておいてくださいね。

また、ミニレターに特定記録や速達なども
別料金の加算すれば、可能となります。

封書よりも便利かもしれませんね。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*