ヒアリの駆除方法や予防や対策とは!危険な猛毒に要注意

こんにちは、エムです。

強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が
発見されています。
しかも毒性が強くて、刺されると
ショックで命を落とす危険性もあるのだとか。

怖いですね。

ヒアリの特徴や駆除方法、そして刺されないようにするためには
どうしたらいいのか、チェックしておきましょう。

スポンサードリンク

ヒアリの駆除方法とは?


出典:twitterより

ヒアリとは、猛毒を持っている赤茶色のアリで、
亜熱帯から暖温帯に生息しています。

日本国内で今回、中国・広東省広州市の南沙港から
出航した貨物船内のコンテナから発見されました。

コンテナ内は、燻蒸消毒されて、環境省は
捕獲トラップ等を設置し、ヒアリの侵入がないか緊急調査をしました。

ヒアリが、日本で繁殖している可能性は低いとのことです。

ただ、今後のことを考えたり
海外旅行に行ったときにも注意しておいたほうがいいですね。

駆除方法としては、今回のように燻蒸消毒がありますが
ヒアリや巣に、熱湯や殺虫剤をかけるのが
効果的だそうです。

クァンタム&押出し棒【甘い蜜のような毒餌、業務用蟻駆除剤、マックスフォース】(アリ駆除、蟻駆除、アリ用毒餌、家のアリ)

でも、巣の奥までは、届かない可能性があるので
ヒアリを見つけたら、環境省地方環境事務所に
すぐ知らせて、駆除してもらうようにしてください。

ヒアリの特徴と刺された時の症状

★ヒアリの特徴★
原産:南米

生息地:北米、中国、フィリピンなど

体長:2.5mm〜6mmと、さまざまな大きさがいる

特徴:赤茶色、お尻に毒針がある
草地など比較的開けた環境を好み
土で直径 25~60 cm、高さ 15~50 cm のドーム状のアリ塚を作る。
雑食性で、節足動物、小型脊椎動物、餌は、樹液、花蜜など

人が刺されると、アルカロイド系の強い毒による痛みや
かゆみ、発熱、じんましん、激しい動悸等の症状などがおこります。

さらに、アレルギー性のショックで昏睡状態になる場合もあり
アメリカでは、多くの死者も出ているそうです。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*