見城徹の嫁や家族!経歴や評判ってどうなの?

幻冬舎の社長の凄腕編集者の見城徹さんが
アナザースカイに出演します。

評判も色々のようですが、経歴や家族や
見城徹さんの嫁についてもご紹介します。

スポンサードリンク

見城徹さんや嫁や家族について

見城徹さんは、結婚はしたそうですが、
36歳の時に、離婚されたそうです。
現在は、お嫁さんはいないので、独身のようですね。
お子さんは、いらっしゃらないようです。

見城徹さんは、1950年12月29日に
静岡県で生まれ育ちました。

お父さんは、小糸製作所の工場で工員
として働いていたそうです。

子供の頃の印象では、いつも酔っ払っている父親の
姿ばかりが、記憶に残っているそうです。

ですから、父親にはいい印象がなく
いつも軽蔑し、父親のいない人生で
全然平気と思っていたそうです。

ところが、60歳過ぎてから
父親の年齢も近くなり、酒を飲まなくては
いられない位だった父のことを
考えるようになったそうです。

確かに、年齢と共に
色々とその立場って考えることが
できるようになりますよね。

見城徹さんの経歴

見城徹さんは、静岡県立清水南高等学校を卒業したのち
慶應義塾大学法学部に進学しました。

大学卒業後、廣済堂出版に入社します。

最初に携わった企画の「公文式算数の秘密」が
38万部のベストセラーになったそうです。

そして、角川書店に入社します。

見城徹さんが野性時代の副編集長や
月刊カドカワの編集長になった時には、
角川全盛の時で、本の出版に伴って
映画などとタイアップしてどんどん
売上をあげていた時代です。

角川は、薬師丸ひろ子さんや原田知世さんなどの
スターも育てていましたよね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

人間の証明新装版 [ 森村誠一 ]
価格:720円(税込、送料無料) (2016/9/8時点)

森村誠一の「人間の証明」は、400万部を超えました。
41歳で、取締役編集部長となりますが
1993年には、角川書店を退社し、
幻冬舎を立ち上げます。

角川書店の新入社員の時から、
同僚や先輩、上司が、しないことをしようと思ったそうです。

たとえば、当時まだ
五木寛之氏の小説を角川書店から出していなかった時には
五木さんの作品が出たら、
5日以内に読んだ感想を送っていたそうです。

良い意見だけでなく、率直な意見を書いたそうです。
五木寛之さんには、手紙で初めて返事が届いたそうです。

自分の存在意義を他人に認めてもらうには
人が成し得ないこと、困難なことに挑戦して
そして、結果を出すことがすべて
見城徹さんは、言います。

見城徹さんの評判

確かに、モーレツ社員のようで
見城さんの威圧感で、皆押しつぶられてしまいそうなくらい
圧倒的な存在感がありますよね。

また、出版がビジネスである以上
売るためには、何でもするというように
思う人もいるようです。

幻冬舎も最初から、うまくいったわけではなく
幻冬舎を立ち上げた時と、MBOに妨害が入ったりと
いろいろな困難があったそうです。

でも、自分が死んでも良いという覚悟
突き進み、その都度解決策を見出してきたそうです。

「憂鬱でなければ、仕事じゃない」

そう思って、困難に常に立ち向かってきたんですね。

ある意味凄みも感じるのは、そういうわけも
あったのでしょう。

また、一方で金のためなら何でもやるという
負のイメージもあるようです。

良い評価も悪い評価もあるからこそ
ベストセラーを出すことができたのだと思います。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*