化血研理事長宮本誠二の経歴と歴代理事長!心配はインフルワクチン

化血研理事長宮本誠二の経歴と歴代理事長!心配はインフルワクチン

化血研の40年間の不正とは、ホント常軌を逸した隠蔽です。
もし内部告発がなければ、永遠に続くか
大変な大惨事を犯すまで続けていたのでしょうか。

化血研がどんな製品をつくっていたのか
現在の化血研理事長である宮本誠二氏の経歴や
歴代の理事長をご紹介しましょう。
インフルエンザワクチン不足も心配です。

スポンサードリンク

化血研理事長宮本誠二氏の経歴

宮本氏
宮本誠二氏は、現在65歳です。

氏 名: 宮本 誠二(みやもと せいじ)
出 身 地: 熊本県
生年月日: 昭和 25 年 8 月 1 日
最終学歴: 昭和 48 年 3 月 京都大学薬学部卒業

昭和 50 年 11 月 化学及血清療法研究所入所
平成 9 年 7 月 血液製剤研究部長
平成 13 年 5 月 理事就任
平成 19 年 7 月 常務理事就任
平成 20 年 12 月 副所長就任
平成 22 年 4 月  副理事長就任
平成 24 年 6 月  理事長・所長就任

現在の宮本誠二氏は、2012年より理事長に就任しています。
2014年から理事に就任していますから、
おそらく不正の事実は知っていたことでしょう。

新型インフルエンザワクチンの
量産施設を整えたことなどで、2013年から
売上高が上がったとインタビューに答えてます。

化血研名誉理事長船津昭信氏の経歴

宮本誠二氏が理事長を務める前の理事長は
船津昭信(ふなつ・あきのぶ)です。

宮本誠二氏が、理事長になったので、
現在は名誉理事長として就任しています。

船津昭信(ふなつ・あきのぶ)氏は
1992年に理事長となり、
2004年に理事長に就任しています。

船津昭信氏は、2004年から2012年まで
理事長を務めています。

船津昭信(ふなつ・あきのぶ)経歴
出 身 地: 熊本県山鹿市出身、
生年月日:1945(昭和20)年5月1日生まれ、
最終学歴: 熊本大学理学部化学科卒。
1969年化学及血清療法研究所入所、
1988年第3製造部長
1992年理事就任
1997年常務理事
2000年副所長
2004年に理事長に就任

03年銀杏学園理事・評議員に就任、
04年7月化学及血清療法研究所理事長・所長に就任。
1959年4月化血研衛生検査技師養成所として創設しています。

60年4月熊本医学技術専門学校に名称変更。
68年2月銀杏学園短期大学設立、
83年4月看護科設置。
2003年4月1日熊本保健科学大学へ改組転換します。

船津昭信(ふなつ・あきのぶ)氏の前の理事長は
内野矜自(うちの・きょうじ)氏です。

内野矜自(うちの・きょうじ)氏は、
2000年から2004年まで理事長を務めています。

内野矜自氏の経歴

出 身 地: 熊本市出身
生年月日:1935(昭和10)年8月生まれ、80歳。
最終学歴: 58年熊本商科大学(現熊本学園大学)商学部卒(1期生)

同年化学及血清療法研究所入所、
2000年同所理事長所長、杏和会理事長就任、
2001年銀杏学園理事長就任、
その後同所理事名誉所長、同学園常任理事などを歴任。

現職は熊本県経営者協会会長を務めている。
また、02年から志文会会長に就任し、今回4選目となる。

歴代の理事長は、ここまでしかたどれませんでしたが
理事長に就任する前に理事職としての
経営にすでに関わっていると思われます。

いずれも、宮本誠二氏は、20年以上
船津昭信氏は、23年以上関わっていることは
明らか
だと思います。

おそらく、不正については代々に引き継がれていて
しかも20年間は違和感も感じることなく
当たり前だと思っていたのではないでしょうか。

むしろ、いい製品を早く販売することには
かえって、いいことをしているという
認識すらあったのかもしれないのではと
思ってしまいます。

認可制度なのどの見直しも考える必要があるかもしれません。

スポンサードリンク


化血研とは

主に人体用のワクチンや血漿分画製剤、動物用ワクチンを作っています。
人体用のワクチンには、インフルエンザや日本脳炎、
DPT(百日せき・ジフテリア・破傷風混合ワクチン)
A型肝炎やB型肝炎などのワクチンです。

中には、化血研だけが作っているものもあるそうです。

インフルエンザのほか
日本脳炎、DPTなどは、
子どもたちが、必ず受けるようにと
保健所から通達が来るワクチン接種です。

万が一、安全性に重大な過失があるとしたら
甚大な被害出てしまうところです。

化血研が掲げている

生物学的医薬品の開発と供給を通して
感染症や疾病の予防と治療に貢献し
国民の健康の寄与する。
出典 :化学及血清療法研究所

というミッションは、一体どうなってしまったのでしょう。

一般財団法人 化学及血清療法研究所
設立:1945年(昭和20年)12月26日
売れ高:475億円(平成27年3月期)
住所:〒860-8568熊本市北区大窪1丁目6番1号
電話番号:096-344-1211
事業内容:ワクチン・血漿分画製剤など生物学的医薬品の研究・開発・製造・供給
主な製品:・人体用ワクチン(インフルエンザ、日本脳炎、DPT-IPV、ビームゲン等)
     ・血漿分画製剤(ベニロン、ボルヒール等)
     ・動物用ワクチン(オイルバックス、ART2等)

インフルエンザワクチンの不足の危惧

化血研は、インフルエンザワクチンの製造を行っています。
今回の事件の件で、化血研の製造はストップしていますので
残り在庫が、約2週間とも言われていますのでいます。

いずれにしても、社会に与えた影響は非常に大きく
原因の追及と対策を考えて欲しいと思います。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*