吉田類の酒場放浪記の視聴率がスゴイ!人気の秘密は

下町ロケットの最終回に、吉田類さんが出演されます。
職業は、俳優ではなかったはずですが。

「吉田類の酒場放浪記」は、BSで毎週放送されていて
視聴率がスゴイらしいです。
お酒を美味しそうに飲み
酒場での人間模様が紹介されていますが
人気の秘密に迫ります!

スポンサードリンク

「吉田類の酒場放浪記」の視聴率

吉田類さんの酒場放浪記の放送は、2009年9月1日から始まって
BS-TBSで毎週月曜午後9時の
酒場放浪記は、すでに10年ほど続いている大人気番組です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

吉田類の酒場放浪記 其の壱 [ 吉田類 ]
価格:3272円(税込、送料無料) (2016/9/8時点)

酒場放浪記の視聴率が、高くて
月9ドラマの視聴率が悪かったりするため、
影の月9と言われています。

酒場放浪記のDVD:2万5千本(1~6巻)
本:4万部(1~5巻)
の発行となっています。

マツコさん有吉さんなど芸能人のファンも非常に多くいるそうです。

酒場放浪記の最大の魅力は

小綺麗なお店を紹介するのではなく、
普通のサラリーマンが行けそうな店であること。

また、上から目線ではなく、ただの客として
とても自然体で、吉田類さんが、飲んでいること。

そして、美味しそうに飲んだり食べたりしていること。
吉田類さんが、本気で酔っ払ってしまうこともあります。

吉田類さんの人間的な魅力もあるのだろうと思います。
どんな人なのでしょうか。

吉田類の職業や経歴

実は、ただの酒飲みではなく、スゴイ経歴の持ち主でした。

酒場放浪記のホームページの吉田類のプロフィールが、
なかなかすごいのでご紹介しましょう。

吉田類さんは、
高知県出身の現在66歳です。

仏教美術に傾倒して、シュールアートの画家として活動
パリを拠点に渡欧し、後にイラストレーターとなります。

1990年代には、酒場や旅をテーマの執筆を始めました。
俳句愛好会「舟」を主宰しています。

職業は、イラストレーターでエッセイストです。

出身地:高知県
生年月日:1949年6月1日生まれ
高知県とふるさと仁淀川町の観光特使

学歴などは、不明なのですが、
画家としての活動があるので、美大とかに進んだか
目指していたのではないかと、推測されます。

ホント自由人って感じがしますね。

スポンサードリンク


吉田類さんの結婚は

どうやら、独身で一人暮らしのようです。
これだけ、自由に各地に訪れているので
家に帰ることも少ないでしょうから
結婚生活をすることは、難しいのではないかと思います。

引き出しも多いので、
四国が生んだ文化人と言われています。

多彩な趣味

画家や作家や俳句などだけでなく
釣りの名人でもあるそうです。

さらに、渓流釣りから始まって
登山もするようになったそうです。

登山もやるときに、岩場を歩く
バランス感覚が必要で、
縁石をいつも歩いていることで、バランス感覚を
養っているそうです。

引き出しがいっぱいあって
人生をホント楽しんでいる様子がわかりますよね。

お酒を飲む姿も
とても幸せそうで、美味しそうに飲み
人に対する眼差しがとても優しいので
人気があるのも納得してしまいます。

だからこそ、吉田類さんに惹かれてしまうのですね。

また、お酒だけを飲んで、執筆していたら、
からだを壊しそうですが、いつもバランス感覚を
もてるように、体のバランスを考えているそうです。

吉田類さんって、
力の入らない感じで、人生を楽しんでいるうちに
色々な知識を身に着けていったような感じがします。
それでいて、とても余裕があるように感じるのが
いいですよね~。

俳優経験について

俳優経験は、ないですが、実は「吉田類の酒場放浪記」も
ある意味、ちゃんと演技しているのではないかと思います。

毎回飲んでばかりいたら、からだを壊してしまいますから
ちゃんと加減しているかもしれませんよね。
だとすると、かなり演技力もあるのかも?なんて
思ってしまいます。

俳優も力が入らないで、ひょうひょうと
自然体で、演じるのかもしれません。
下町ロケットでどんな場面に登場するのか
楽しみにしたいと思います。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*