小田幸平の嫁と子供!年収が高かった理由!病気って?

小田幸平の嫁と子供!年収が高かった理由!病気って?

行列のできる相談所に出演される小田幸平さん。
17年間もプロ野球選手として活躍できた処世術術が
語られるようです。
小田幸平さんの嫁や子供についてや
年収についてご紹介します。

スポンサードリンク

小田幸平さんの嫁と子供

プロ野球中日ドラゴンズで、捕手として活躍された小田幸平さん。
結婚されたのは、2002年のことでした。

小田幸平さんの嫁となったのは、

元・青森朝日放送アナウンサーの石井江奈さんです。

石井江奈さんは、東京都出身で
1973年8月19日生まれで
現在、42歳です。

立教大学法学部卒業後
アナウンサーとなり、
現在はフリーアナウンサーです。

息子さんがいらっしゃいます。

小田幸平さんの成績と年収

2007年には最高年棒は3600万円でした。

実は、小田幸平さんの通算成績をみると
17年間ずっと補欠で、レギュラーを
取ることはありません
でした。

更に、打席もあまり立つこともなかったので

通算打率1割9部7厘
通算本塁打2本

となっています。

ほとんど、チームのムードメーカーとして
活躍していたといいます。

小田幸平さんは、小学校3年生から、
野球を始めて、
キャッチャー一筋で
やってきました。

市川高校の3年の夏の兵庫県大会3回戦が最高成績でした。

高校卒業してから、三菱重工神戸に入社します。
その後、3年間都市対抗野球に出場します。

そして、1997年読売ジャイアンツに
ドラフト4位で入団しました。

2006年にドラゴンズに移籍し、
谷繁元信選手の控え選手となりました。

小田幸平プロフィール
生年月日:1977年3月15日
出身地:兵庫県高砂市
出身校:中筋小-竜山中-市川高
現役:三菱重工神戸
巨人(1998から2005)
中日(2006から2015)

スポンサードリンク


年収が高かった理由

ずっと控えの選手だったのに
どうして、あれだけの年収をもらうことができたのでしょう。

そこには、小田幸平さんの
コミュニケーション能力によるところが
大きいようです。

もともと、人間観察も大好きだったそうで
ピッチャーに気持ち良く投げてもらえるように
日頃から考えていたそうです。

ピッチャーだけでなく監督や
審判に対しても、どうやったら気持ちよくプレーできるかを
常に考えていたそうです。

ですから、誰からも好かれて、チームを盛り上げる
役割として、チームになくてはならない存在

だったようです。

中日に移籍した時は、
チームを明るくすることが役目だと
思ったそうです。

おちゃらけることでもなんでもできたので
チームに溶け込んで、
17年間も野球選手をやってこれたのだといいます。

病気について

2011年に突然、病気で倒れたことがありました。

突然、血圧が200くらいに上がってしまったそうです。
でも、どうしても野球がやりたいと思ったので
病気を克服することもできたそうです。

引退してからは、野球評論家として活動されています。
野球以外でも、コミュニケーションの取り方の講演会も
ぜひやって欲しいと思います。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*