サイゲン大介の牛丼レシピの材料や作り方!阿諏訪泰義がスゴイ

サイゲン大介の牛丼レシピの材料や作り方!阿諏訪泰義がスゴイ

うしろシティ阿諏訪泰義さんは
サイゲン大介と言われ
第二の家事えもんではないかと言われています。

神の舌を持つと言われて
みんな大好きなお店の牛丼の味を
家庭にある材料で、見事再現してしまいました。

牛丼レシピの材料や作り方と
うしろシティ阿諏訪泰義さんの
経歴や特技をご紹介しましょう。

スポンサードリンク

サイゲン大介による牛丼レシピ

★牛丼の材料★
水350CC
カツオだし(小さじ2)
昆布だし(小さじ1)
中華だし(小さじ1)
白ワイン(大さじ2)
砂糖(大さじ1と1/3)
醤油(大さじ1と1/2)
牛バラ肉200グラム
玉ねぎ100グラム

牛丼店の味を見事再現した、うしろシティ阿諏訪泰義さん。

コツは、かつおだしと昆布だしに
中華だしをプラスすること
だそうです。

食べてみると、牛のエキスが残ることから
一番近い牛の脂が入っている中華だしを使うのが
ポイントだ
そうです。

レシピ紹介

1.かつおだし、昆布だし、中華だしを小さじ1杯ずつ
350CCの水を鍋に入れて、沸騰させます。

2.白ワインを大さじ2杯入れることでフルーティになります。
砂糖を大さじ1と1/3,醤油を大さじ1と1/2を入れます。

3.外国産の牛バラ肉(200ブラム)を1枚ずつ鍋に入れます。

4.沸騰しないように弱火で10分煮込みます。

5.玉ねぎを100グラムくし切りにして、5分煮込みます。

見事に味の再現ができたそうです。

早速作ってみました。

牛肉がなかったので、豚バラで同じように作ってみました。
最後に上に残り物の三つ葉をちらします。

牛丼大好き、大学生の息子は
これもありと、見事完食でしたよ♪
簡単なので、ぜひ作ってみることをおすすめします。

スポンサードリンク


うしろシティ阿諏訪泰義の特技


お笑いを始める前には、
老舗料亭なだ万の元店長が出したお店で
6年間くらい修行していた
ことがあるそうです。

自宅では、一人暮らしでアイランドキッチンで
部屋の1/4を占めているそうです。

鍋も10種類以上、包丁は5本持っているそうです。
調味料も100種類以上揃えているそうです。

ラーメン二郎風などお店の味を
再現しているそうです。

味覚センスも抜群で、一度食べたら
何が入っているかもわかる
そうです。

スゴイですね。

うしろシティ阿諏訪泰義さんのプロフィール

生年月日:1983年1月8日
出身地:神奈川県寒川町
血液型:O型
身長:170センチ
体重:53キロ
特技:料理
スクールJCA13期生出身です。
ツッコミ担当

うしろシティの経歴

相方の金子学(かねこ まなぶ)さんと一緒に
コンビを組んでいます。

金子学(かねこ まなぶ)さんプロフィール
生年月日:1981年3月25日
出身地:新潟県津南町出身
身長:171cm
体重:52kg
血液型:A型

金子さんも裁縫が得意だそうですよ。

スゴイですね。

二人で本も出版しています。

さて、本業のお笑いはと言うと
キングオブコントでは、2012年、2013年と決勝進出し
2014年は、準決勝まで行きました。
2015年は、決勝進出しています。

今後、お笑いでも活躍して
お茶の間でも人気になりそうですね。

コンビの解散にならない程度に
色々紹介して欲しいと思います。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なだ万は京都の老舗ではありません!
    なだ万の創業は大阪で現在はアサヒビールの子会社で東京が本拠地です!
    なだ万が京都に出店したのはここ最近です。
    決して京都の老舗料亭ではない

    またうしろシティの人はなだ万で修行したのではなく、なだ万の元店長がやってた店で修行したのであって、なだ万で修行したわけではない!

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*