バタコやんのピザの作り方や材料!家で窯焼きそっくりの秘訣?!

バタコやんのピザの作り方や材料!家で窯焼きそっくりの秘訣?!

家事えもん、サイゲン大介に続く
バタコやん。

バタコやんは「シンクロック」というコンビで
大阪で活躍している吉田結衣さんです。

12月に放送された家でできる
簡単パンに続き、ピザの作り方を披露します。
作り方や材料などご紹介しましょう。

生地作りは前回のパンと同じだと思いますが
どうでしょうか?

バタコやんのピザの作り方

ポイントは
生地作りで、ぬるま湯を使う
焼く前に、オリーブオイルを塗る
焼く時に魚焼きグリルで焼く

です。

最初の生地作りのポイントは。ぬるま湯を使うことです。

通常、パンやピザの生地発酵には、
イースト菌で発酵されるので
1時間以上かかりますが、
ぬるま湯ですることで、生地をこねながら
発酵が進むので、15分と時間短縮となります。

★生地の材料★
強力粉75グラム
ぬるま湯40CC
(50CCの水を600Wのレンジで10秒加熱すると、30度になります)
塩ひとうつみ
砂糖5グラム
ドライイースト1.5グラム
オリーブオイル5グラム

生地の作り方

1.強力粉にぬるま湯(30℃)を少しずつゆっくり加えます。
2.ぬるま湯で、イースト菌が働き出します。
3.中央から外に引っ張ったり、折り込んだりしながら2分こねます。
4.クッキングシートの上で、生地を伸ばします。
5.生地をフォークでに穴を開けます
6.アルミホイルにのせます。
アルミホイルは、クシャクシャにしてから乗せる
焼いたあとに、取りやすくなります。

2時間以上かかる生地作りを、15分に短縮するワザです。
イースト菌の発酵は、25-45度と言われています。
30度のぬるま湯で生地をこねることで、
発酵も同時に行います。

7.トッピングをのせます。
コンビニにあるものを使います。

・ケチャップを塗って、とろけるチーズを乗せます。
・さけるチーズ
・プロセスチーズ
・キャンディチーズ
・ハム
・カマンベールチーズ

具をまんべんなくおきます。
8.耳にオリーブオイルを塗って
トッピングした後に、オリーブを垂らします。

オリーブオイルを耳のところに塗ると
油があると温度が上がリ、パリパリに焼けます。

また、表面に塗ることこで
風味や焦げもあり、香ばしくなります。

焼き方

9.ピザ生地を魚焼きで、8分焼き上げます。

魚の臭いがつくのが、心配ですが
実は、生地から水蒸気が出るため
中から外へ流れるので、臭いはつかないそうです。

ただ、そのまま魚焼き器に入れておくと
温度が下がって、臭いがつくことがあるので
ピザが焼き上がったら、すぐに取り出すようにしてください。

オーブンが250℃ですが、魚焼きのグリルは、温度が400℃近く上がり
ピザ窯が500℃なので、大変近い温度となります。

ちなみにバタコやんには、飼っている犬の
粉チーズがいるそうです。

サイゲン大介さんの牛丼レシピはこちらです。サイゲン大介の牛丼レシピの材料や作り方!阿諏訪泰義がスゴイ

スポンサードリンク


バタコやんこと「シンクロック」の吉田結衣さん

バタコやんこと吉田結衣さんは、
パンの技能・歴史・知識をもった
パンシェルジュ2級の資格を取得
しています。

吉田結衣さんは、NSC30期生で、
相方の木尾陽平さんは、NSC31期生です
先輩後輩コンビですね。

相方の木尾陽平さん、めっちゃイケメンです。

バタコやんで、知名度出たところで
「シンクロック」としての
活動も増えるといいですね。

生年月日:1989年3月17日
血液型:B型
身長:149cm
出身地:大阪府高石市
大阪NSC30期生
コンビ名:シンクロック
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

簡単で美味しそうなピザ早速作ってみます!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*