ぼくのりりっくのぼうよみの本名って?高校や大学って?

2015年末にアルバム「hollowworld」をリリースした
新人アーティストの「ぼくのりりっくのぼうよみ」さん。

デビューは、わずか17歳で、綺麗な声と
音楽性や選ぶ言葉やそのセンスが
天才と言われ、宇多田ヒカルさんのデビューのような
そんな予感がします。

本名や高校や大学など気になりますね。

スポンサードリンク

「ぼくのりりっくのぼうよみ」の本名

「ぼくのりりっくのぼうよみ」さんは、
横浜市出身の現在18歳です。

半年で、ラップをマスターしたそうですが
当初ラップが、まだ棒読みだったことが
「ぼくのりりっくのぼうよみ」とつけたのだとか。

「ぼくのりりっくのぼうよみ」の前には
「紫外線」という名前で
動画サイトに、音楽を投稿
していました。

人前でのライブは、5回も立ったことなかったそうですが
高校2年生だった時に
2014年、コンテスト「閃光ライオット2014」に応募して
ファイナリストに選ばれました。

気になる本名ですが
謎の部分が多く
わからないことだらけ
です。

ぼくのりりっくのぼうよみの高校や大学は

現在、高校3年生で、受験生なので
センター試験を受けに行ったようです。

高校は、男子校で
中学生の時に、全国模試で国語で全国1位
を取ったことがあるそうです。

総合では、全国で60番くらいだったのだとか。

スゴイ!

大学は、東大受験を目指しているのだそうです。

ファンの質問で、東大に行きたい理由を聞いたところ
いけそうだからと答えています。

天才!

なんですね。

文系か理系かというと、
理系のようですが、後で文転するつもりなのだとか。

きっと東大は余裕で受かりそうな予感がします。

なぜなら、受験勉強しながら
CD出したりしているくらいですから、
かなり余裕がある感じがします。

ガリガリ勉強して、ようやく東大に入るのではなく
余裕で入ることができるから、東大にしたみたいですから。

東大は残念な結果になってしまったようです。


出典:twitterより

ぼくのりりっくのぼうよみさんは
バンドを組みたかったけど、友達がいなかったので
一人で音楽をすることにしただとか。

2014年のコンテスト「閃光ライオット2014」に
出た時も、周りは全部バンドの中、
一人でも、とってもかっこよくて
全く引けをとらないくらい、すばらしかったです。

スポンサードリンク


ぼくのりりっくのぼうよみの音楽について

hollow world [ ぼくのりりっくのぼうよみ ]

hollow world [ ぼくのりりっくのぼうよみ ]
価格:2,160円(税込、送料込)

ぼくのりりっくのぼうよみさんは、楽器経験も全く無く
小学校の授業のときのリコーダーも、
上手くひけなかったのだとか。

最初に、音楽やりたいと思ったのも
楽器が弾けなかったので
歌にしたのだそうです。

音楽は、お母さんからの影響も大きかったようで
お母さんが、よく聞いていた
GO-WRAPPIN’やMONDO GROSSOを
好きだそうです。

ネガティブな出来事や感情にインスピレーションを受けて
曲をつくることもあるそうですが、スマートフォンで
2-3時間で作ってしまうこともあるそうです。

また、語彙力が多く、情景が思い浮かび素晴らしく
歌詞に対しての評判も高いです。

なんだか、行き場がなくどうしようもなく漂っている感じが
とても心に刺さる気がします。

ぼくのりりっくのぼうよみの音楽を聞くと
押し付けがましい熱のこもった
若さではなく、

若さの中にある繊細なあやうさが、
漂うPVの中にある青い海の中を浮遊している
クラゲのイメージになんだか重なって見えてしまいました。

17-8歳の感性が、今後どんな風に変わっていくのかも
とても楽しみにしたいです。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*