真野恵里菜はアイドル出身!高校は?演技がスゴイ?!

真野恵里菜はアイドル出身!高校は?演技がスゴイ?!

NHK朝ドラのとと姉ちゃんで、主人公の常子が
初めて就職した商社の先輩役を演じる真野恵里菜さん。

女優として、なかなかの演技力ですが
真野恵里菜さんは、アイドルだったそうです。

アイドルとしてのデビューのきっかけや
高校などご紹介します。

スポンサードリンク

真野恵里菜さんは歌って踊れる元アイドル


出典:twitterより

真野恵里菜さんは、1991年生まれで現在24歳です。
幼稚園から中学3年までピアノの習っていて
弾き語りの歌唱も得意です。

中学生のときに松浦亜弥に憧れて、
ハロプロエッグオーディション2004に応募します。

そこでは、落選しますが、
翌年のアップフロントグループ
エッグのオーディションで合格しました。

モーニング娘。、Berryz工房、℃-uteなどを
送り出しているハロプロの研修生となります。

ソロ歌手としてインディーズデビューし、
2009年3月に17歳でメジャーデビューをしました。

真野恵里菜さんは、モーニング娘。の
道重さゆみさんに似て
透明感があり、とってもきれいでした。

高校は、日の出高校に通っていましたが、
途中で、やめています。

ソロデビュー曲シングル「乙女の祈り」は
初登場5位となりました。

ところが、ちょうど
AKB48がブレイクしだしたことから
ソロのアイドルは、あまり目立たず
思ったほどの結果を
出すことはできませんでした。

★真野恵里菜さんのプロフィール★

本名:真野恵里菜

生年月日:1991年4月11日

出身地:神奈川県

身長:159センチ

血液型:B型

中学:座間市立西中学

高校:日の出高校中退

スポンサードリンク


真野恵里菜さんの演技力は?


出典:twitterより

真野恵里菜さんが演じるのは、
早乙女 朱美(さおとめ あけみ)という役
です。

主人公である常子が、タイピストとして
就職した商社の先輩です。

職場のタイピストの中では、リーダー的存在で
初めて入ってきた常子に厳しく接する役だそうです。

朝ドラでは、いびり役の演技力で
ドラマがおもしろくなります
から
とても重要な役だと思います。

真野恵里菜さんの演技は、どんなのでしょう。

スポンサードリンク


実は、ソロ活動の歌手活動と
平行して女優業にも力を入れていました。

堤幸彦監督に見出されて、
演劇ユニットの舞台に
毎年出演しています。

また、園子温監督の作品
「新宿スワン」「ラブ&ピース」「リアル鬼ごっこ」
にも出演しています。

綺麗な清楚な中にも
大胆なセリフやアイドルだった躊躇するような
おもいっきりのいい演技など
まだまだ伸びしろが感じられるそうです。

また監督たちからは、
求めているものを察する力があると
とても高く評価
されています。

それだけに、今回のとと姉ちゃんでの
いびり役をどう演じるのとても
楽しみです。

いびり役と言ったら、
「ごちそうさん」の
主人公の杏さんをいじめる
義理姉のキムラ緑子さんを
思い出してしまいます。

さて、真野恵里菜さんがどんな風に
演じるのかも楽しみにしたいですね♪

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*