臼井興胤(うすいおきたね)コメダ珈琲社長の経歴がスゴイ!大学は

臼井興胤(うすいおきたね)コメダ珈琲社長の経歴がスゴイ!大学は

今年の夏に、北海道での店舗展開すると話題になっているコメダ珈琲。
いよいよ上場も果たします。

みんなが大好きなコメダ珈琲の魅力を支える社長の
臼井興胤(うすい おきたね)氏。

経歴もスゴイので見ておきましょう。

スポンサードリンク

臼井興胤(うすい おきたね)社長が自ら皿洗い

臼井興胤(うすい おきたね)社長は
実は、社長になる前は、コメダ珈琲のことを知らなったそうです。

元々は、ゲームメーカーのセガで社長を務めていました。

その前には、日本マクドナルドのCOO(最高執行責任者)を
していたこともあり
サービス業の面白さを知っていたので、また同じ分野で
働きたいという思いはあったそうです。

マクドナルドのCOOになった時も
外食産業が初めてだったので、身分を隠して
履歴書を書いて、バイト面接を3回めでようやく合格してから
ハンバーガーを作ったり接客を行っていたそうです。

コメダでも着任前に、2週間皿洗いのバイトをしたそうです。

社長になっても、週に一回は、モーニングのコーヒーの担当
しているそうです。

素晴らしいですね。

なかなか社長になって、上に立っていると
自分より年下のバイトの子に色々言われるのが
いやになってしまうと思うので
そんなことはできないと思います。

スポンサードリンク


臼井興胤(うすい おきたね)社長の経歴

1958年生まれの臼田社長は、現在57歳です。

戦闘機パイロットを志しいて、
東京都立富士高等学校を卒業後に
防衛大学に入学します。

ところが、パイロットの条件の健康状態に
パスできなかったので中退して
一橋大学商学部に入学します。

そして漠然とMBAに行けると信じて
銀行に就職します。
MBAをとることができて。海外生活をすると
日本の銀行の体質などに疑問を感じるようになり
全く別の分野であるゲームメーカに転職しました。

★臼井興胤(うすい おきたね)社長のプロフィール★

生年月日:1958年10月31日

出身地:愛媛県松山市

高校:東京都立富士高等学校卒業

大学:防衛大学校を中退

1983年一橋大学商学部卒業

同年三和銀行(後の三菱東京UFJ銀行)
1988年カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)経営大学院(MBA・金融専攻)修了

1993年セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)入社
1997年セガ取締役コンシューマー事業本部副本部長
1999年セガ退社

2002年ナイキジャパンエクイップメント本部長
2003年ナイキジャパン営業リテール統括本部長

2006年日本マクドナルドCOO(最高執行責任者)
2007年にセガに再入社し顧問、専務取締役AM統括本部長就任

2008年セガ代表取締役社長COOに就任
2012年にセガ社長を退任

2012年6月1日に米グルーポン社東アジア統括副社長に就任
2013年7月1日株式会社コメダ社長

ヘッドハンティングを経て、セガからナイキに入り
マクドナルドを経て、セガサミーに戻り
その後ヘッドハンティングで、コメダ珈琲の社長に就職します。

コメダ珈琲は名古屋が発祥の喫茶店ですが
コメ細かいサービスと独自の斬新なメニューで
熱烈なファンに支えられています。

2013年、投資ファンドのMBKパートナーズの傘下に入り
株式を保有する持ち株会社、コメダホールディングスが
東証1部に上場する方向で準備をしています。

さらに店舗数が増えると
今まで、なかった場所にコメド珈琲ができるとあって
とても楽しみになっています。

北海道では、初めて今年の8月コメダ珈琲ができると
住んでいる人たちは、期待していてい
首を長くして待っています。

北海道の場所についての記事はこちらへ

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*