肉の石川の会社概要とは?O157の他の商品での安全性は?

肉の石川の会社概要とは?O157の他の商品での安全性は?

こんにちは、エムです。

冷凍食品から病原性大腸菌、O157が検出されて
被害が出ている報道がありました。

O157って、冷凍しても
また、火を通してもなくなることはないのでしょうか?

また平塚市の食肉販売会社「肉の石川」の
冷凍食品「和牛・相模豚 メンチ 肉の石川」から
O157が検出されたそうですが、
他の商品は大丈夫なのでしょうか?

スポンサードリンク

平塚市の食肉販売会社「肉の石川」の概要


出典:twitterより

平塚市にある食肉販売会社「肉の石川」は
地元では、とても人気のあるお店で
土日などの休日には、駐車場が一杯で
なかなか入れないくらいの人出です。

お肉が美味しいので、
何度か利用したこともあります。

食肉の専門店であることで
地元では、安心して
買い物をしていただけに、
今回のO157の検出は、とても驚きです。

製造方法としては

熟成牛 ~ ドライエイジング・ビーフ ~
私どもの熟成牛は、30日間熟成冷蔵庫にて温度2℃、湿度80%の徹底管理を行います。
出典:http://www.29taihei.co.jp/

「肉の石川」は、泰平商事株式会社は、グループ会社です。

  • ・食肉の総合卸業、業務卸業、小売業
  • ・FC事業、ギフト事業、輸入貿易事業
  • ・自社製品(企画・加工・製造・流通)事業
  • ・PB・NB製品開発・販売

創業は、1970年5月に、神奈川県真鶴町で
「肉の石川」として小売業を始めています。

★会社概要★
泰平商事株式会社
創 業 昭和45年5月
設立 昭和54年1月
資本金 10,000,000円
代表取締役 石川 嘉男
業 務 内 容 食肉の総合卸業、業務卸業、小売業
製品・商品 黒毛和牛、銘柄和牛、相模豚、銘柄鶏、特殊肉、輸入牛肉、特殊ハム、ソーセージ加工、自社製加工品
所 在 地
本社〒254-0019 神奈川県平塚市西真土1-3-8
TEL : 0463-33-6111 FAX : 0463-34-9822

O157の他の商品での安全性は?

今回、O157が検出された商品は、

「和牛・相模豚 メンチ 肉の石川」

です。
神奈川県や千葉県内のイトーヨーカドー26店舗で
取り扱っていました。

他の商品については、現在は被害はないようですが
怖いですね。

スポンサードリンク


O157について

冷凍食品で、o-157だというのも
とても驚きです。

冷凍食品でも、O-157は、生き続けるのでしょうか?
O-157について、わかったつもりでいましたが
もう一度しっかりと確認しておきましょう。

O-157である腸管出血性大腸菌は、ヒトに下痢を起こす大腸菌のひとつで、
ベロ毒素を産生します。
牛の大腸にある菌で、O157は家畜などの糞便中に時々存在します。

感染経路は、主に糞便や糞便で汚染された食べ物
(生または加熱不十分な牛肉、内臓、サラダなど)や
水、手指を介して口から感染するものです。

★O157の生存条件・増殖条件★

  • ・水の中、土の中で数週間~数ヵ月間生きる
  • ・低温に強く、冷凍庫内でも生きている
  • ・酸性に強く、口から入ったO157の大部分は胃の酸にも負けない
  • ・熱には弱く、75℃1分間の加熱で死滅

温かく栄養分と水分のあるところで、増殖しますので、
清潔、乾燥、低温を保てば、増殖を抑えられます。

身体の中では、大腸で増殖してしまうことから
重症になってしまうようです。

十分な加熱であれば、O-157の菌は、なくなるはずですが
どうして、「和牛・相模豚 メンチ 肉の石川」で
被害が出たのでしょうか?

十分な加熱がなくても、食べる事ができる商品だったのでしょうか?

商品の解明や感染ルールと解明が待たれます。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*