鶴保庸介の経歴や最低な噂の真相とは?結婚した嫁や子供は?

沖縄の差別発言からここに来て
鶴保庸介沖縄・北方担当相のパーティ券の問題が
発覚しています。

物腰が柔らかくて、いい人そうに見えますけど
ネットでは、最低だなんて言われているみたいです。

どうしてそう言われているのでしょうか?

経歴や結婚した妻や子供さんについても
気になります。

スポンサードリンク

鶴保庸介氏の経歴は

鶴保 庸介氏は、和歌山県出身で
現在49歳です。

東大法学部卒業後してから、小沢一郎氏の議員秘書となり
政治家の道を志します。

和歌山選挙区の自由党公認として
1998年の参院選で、初当選しました。

当時最年少記録となる31歳での当選でした。
二階俊博氏の側近中の側近としても知られています。

★鶴保 庸介(つるほ ようすけ)氏のプロフィール★

生年月日:1967年2月5日

学歴:東大法学部

出身地:和歌山県

当選回数:4回(H28)

経歴

内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策)
情報通信技術(IT)政策担当
党参議院政策審議会長
国土交通副大臣
参議院決算委員会 委員長
過疎対策特別委員会委員長代理
参議院厚生労働委員長
党政務調査会水産部会長
国土交通大臣政務官2期

鶴保庸介氏が最低だと噂される理由とは

鶴保庸介氏は、以前は、7歳年上の
野田聖子氏との事実婚が有名でした。

2001年から野田氏と事実婚状態で
2002年には、盛大な結婚祝賀パーティを帝国ホテルで開いています。

夫婦別姓を提唱していた野田聖子氏とは
入籍はしていません。

野田聖子氏は、子供が欲しくて長いあいだ不妊治療をしていましたが
結局子供ができなかったことから、野田氏と鶴保氏は、2006年に別れています。

スポンサードリンク


鶴保庸介氏の妻と子供は

その後、鶴保庸介氏は、2011年ごろに出会った
東京でメディア関係の仕事をしていた女性と交際しました。

18歳年下でしたが、同じ和歌山県出身や
ソフトな鶴保庸介氏の人柄に魅力を感じていたそうです。

2013年に、女性が妊娠したことから、結婚の話になりますが

鶴保庸介氏は、

「婚姻届を出すなら、離婚届も書いてほしい」

と言ったのだとか。

子供が生まれる3週間ほど前に、婚姻届を出すものの
男児を出産したあとの2ヶ月後に
鶴保庸介氏は、離婚届けを出したそうです。

子供にも、3-4回ほどしか会うこともなかったとのこと。

鶴保庸介氏は、最初から、結婚する気がなかったとしか
思えません。

結局、妻と子供にとっては、
最低な夫で父親であると言われてしまいました。

野田聖子氏との時には、
不妊治療に協力していたはずです。
鶴保庸介氏は、自分の子供をほしいと思わなかったのでしょうか。

見た目は優しそうな感じでしたが
本当の性格は、違うのかもしれません。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*