本波幸一の妻や子供は?年収や経歴が気になる

情熱大陸に出演する本波幸一さん。

「一生幸せになりたかったら、釣りを覚えなさい」
と話し、釣り師ではなく、釣り士として
過ごしているそうです。

北海道で幻の魚を追い求めている姿は
どう見ても、結婚しているようには見えません。

妻や子供はいるのでしょうか?
年収や経歴も気になります。

スポンサードリンク

本波幸一さんの妻や子供は?

本波幸一さんは、1959年生まれで
現在57歳です。

本波幸一さんのお父さんは漁師だったそうです。
なので子供の頃から、釣りが趣味だったわけですね。

本波幸一さんは、水産高校を卒業して、国鉄に入社しました。
会社員として勤めながらも、休みはすべて釣りに使っていたそうです。
44歳の時には釣りをするために、会社をやめたそうです。

もしご結婚されていたら、
44歳で会社をやめるという選択って、
奥さんや子供がいたら反対しそうですよね。

奥さんやお子さんがいたら
「一生幸せになりたかったら、釣りを覚えなさい」の言葉通り
真っ先に、奥さんや子供さんにも
釣りに連れて行くでしょう。

ところが、その様子はあまりないですし
見た感じの様子からは
独身のような感じがします。

詳しいことは、わかりませんが
おそらく独身なのではないかと思われます。

もし結婚されているとしたら
よほど、本波幸一さんに理解のある
奥さんなのでしょうね。。

スポンサードリンク


本波幸一さんの経歴は?

本波幸一さんは、トラウトの釣り業では
かなり有名の方のようです。

釣りに対する情熱は、スゴイですね。

イトウ、アメマス、サクラマスなど、淡水の大物だけを
めがけて釣りに行くそうです。

自ら「釣り士」と言っているそうです。
武士道の精神で、川に真摯にむきあっています。

北海道で112cm・15kgのイトウを釣り上げています。

5種類いるとされるイトウを全て釣ることが
目標だそうです。

また、一つの川でずっと粘ったり
睡眠時間よりも釣り場を求めて
夜中も早朝も関係なく、
釣りのために移動もいとわないそうです。

現在は、釣具を営んでいるそうです。

★本波幸一さんのプロフィール★

生まれ年:1959年

出身地:岩手県

前職:国鉄マン

現在:釣り士、釣具作成、販売

本波幸一さんの年収は?

ハンドメイドの釣具の作成や販売をされているそうですが
年収はどれくらいなのでしょう。

叉鬼(matagi)という釣具店にには
HONNAMI SPIRIT (本波スピリッツ)という
ハンドメイドルアーが、1つ4000円以上で売っています。

メーカーとタイアップして
手作りのルアーを作っているみたいですね。
モーリス、ダイワ精工などのテスターや
スカジットデザインズとも交流があるそうです。

一般的な漁師の年収は、平均が260万円だと
言われているようです。

メーカーとのタイアップで
ルアー販売や講演などを行っているので
おそらくそれ以上の年収はもらっていると思います。

オリジナルルアーの受注製作となったら
かなりの年収なのではないでしょうか。

ただ、本波幸一さんを見ていると
収入なんて関係なさそうですね。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*