陸王の原作やあらすじとは?ドラマとの違いは

こんにちは、エムです。

2017年10月から池井戸潤さん原作の
陸王が始まりますね。

池井戸潤さんと言えば、半沢直樹のドラマでも
盛り上がりましたが、
今回もとても楽しみです。

さて、陸王の原作やあらすじが気になります。
ドラマの配役も気になりますね。

スポンサードリンク

陸王の原作やあらすじとは?

原作は、池井戸潤さんですが
半沢直樹と同じく中小企業の社長の奮闘や
人間模様が描かれています。

今回は、
100年以上続く老舗の足袋業者「こはぜ屋」の
4代目社長・宮沢紘一が主人公です。

資金繰りに悩みながら、足袋の技術を活かした
ランニングシューズを作るというもの。

半沢直樹で、ロケットのためのネジの開発がありましたが
今回は、ランニングシューズの開発に挑みます。

そこには、大企業に挑む姿が描かれれています。

登場人物も、小さな零細企業の社員をはじめ
老舗社長の息子の就職や
家族内での問題。

取り巻く銀行や斜陽産業となっていく和装業界や
スポーツシューズを取り扱う大企業、
そしてあわよくばとのってくるベンチャー起業家。

さらに、いくら実績があっても、怪我で結果のでない
陸上選手や
企業と陸上業界との関係など。

縦横無尽に、広がる世界とそこに息づく人々が
生き生きと描かれています。

意地悪なヒールも登場しながらも
数々の困難に打ち勝って
最後には、スカッと爽やかな結末となる
池井戸作品に、励まされる人も多いと思います。

陸王 [ 池井戸潤 ]

スポンサードリンク


陸王のキャストは?


出典:twitterより

100年以上続く老舗の足袋業者「こはぜ屋」の
4代目社長・宮沢紘一の主人公には
役所広司さんです。

熱い思いを胸に秘め困難に挑戦する姿は
まさに、ぴったりですね。

奥さんの美枝子

娘の茜

息子の大地

こはぜ屋の常務の富島現像
係長の安田利光

さいたま中央銀行行田支店長の家長亨
融資担当の坂本太郎、大橋浩

ダイワ食品陸上競技部監督の城戸明宏
陸上部員の茂木裕人、平瀬孝夫、立原隼斗

アジア工業陸上競技部員 手塚直之
アトランティス日本支社営業部長 小原賢治
シューズマイスター 村野尊彦

スポーツクラブ経営者 有村融
シルクール元社長 飯山晴之
フェリックス社長 御園丈治
タチバナラッセル社長 橘健介

キャストも楽しみです。

『陸王』​のドラマ化は
2017年10月によりTBSにてスタートします。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*