宇良(うら)の相撲が漫画のようでスゴイ!両親や経歴は?技に魅了

こんにちは、エムです。

大相撲の十両の宇良の相撲が
まるで漫画のようで、魅せてくれます。

宇良バウワーまで飛び出して
体がとても柔らかく身体能力が
高いです。

両親や経歴など気になりますね。

スポンサードリンク

宇良(うら)の両親とは

宇良(うら)は、大阪府出身の24歳です。

関西学院大学相撲部で、
全国学生相撲個人体重別選手権65kg未満級で優勝しています。
部の創設から、125年で初のプロ入り力士となりました。

父親の辰美さんは、沖縄県の国頭村宜名真区主審です。
今では、宇良の取り組みの時には
テレビの前に
多くの親戚が集まって応援しています。

子供の頃は、体が小さかったので
相撲の稽古をしても、なかなか勝つことはできませんでした。

母親が、いつも心の支えになって
子供弓取り式用に、化粧まわしも作ってくれたそうです。

★宇良(うら)のプロフィール★

本名:宇良和輝(うら かずき)

生年月日:1992年6月22日

出身地:大阪府寝屋川市

身長:173㎝

体重:122㎏

血液型:B型

学歴:京都府立鳥羽高等学校ー>関西学院大学 教育学部

所属部屋:木瀬部屋

得意技:足取り、居反り

優勝 序ノ口優勝1回

スポンサードリンク


宇良(うら)の経歴とは?


出典:twitterより

小学生3年からは、相撲と一緒にレスリングも取り組むようになりました。
レスリングでは、全国2位の成績を残しています。

高校進学の際には、レスレリングの推薦を考えていましたが
叶わなかったこともあり、
相撲部のある京都府立鳥羽高等学校に進学して、
相撲中心となっていきました。

体が柔らかく、レスリングで低姿勢を
保つことで、腰が鍛えられました。

そこで、宇良バウアーが生まれたんですね。

それしても、土俵際での耐え方は
相当足腰が、強いからこそできる技ですね。

宇良の現在の番付は、十両三枚目です。

今後どんどん番付を上げていきそうで
とても楽しみですね。
期待したいと思います。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*