増田明美のナレーションや語りの声の魅力とは?プロも絶賛する技

増田明美のナレーションや語りの声の魅力とは?プロも絶賛する技

こんにちは、エムです。

マラソンランナーの増田明美さんが
NHKの朝ドラの「ひよっこ」の語りをすることになりました。

マラソンの解説でも優しい声で
選手の良さをしっかり伝えてくれることからも
マツコさんも絶賛するくらいです。

声質もとても柔らかくて
心地よい響きであることからも
以前からナレーションの仕事もされていました。

今回の朝ドラでの抜擢も
納得できますね。

声の魅力に、迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

増田明美さんのナレーションや語りの声

マラソンの解説では、選手のいいところを
紹介したり、内容的にも増田さんだからこそ
知っている情報を盛り込み
解説を聞くのがとても楽しみです。

しかも、とても優しい声なので
安心しますし、
聞いていて心地よく感じます。

声に人柄も出るのでしょうね。

今までも、テレビ東京系の「世界!ニッポン行きたい人応援団」
NHK―BS「激戦!おもてなしのアスリート」
BS日テレ 時代劇「佐武と市捕物控」でもナレーションを担当しています。

CMでも
・日産(1995年)
・ツムラ(2006年)
・富士フイルムのCM(2014年)

など
ナレーションをつとめています。

プロも絶賛する技とは

アナウンサーのプロは、養成所などで
基礎をしっかり学んでいますよね。
例えば、腹式呼吸や喉の開き方など
技術的なこと一通り教えてもらうそうです。

増田明美さんは、誰かに教えてもらったことは
ないようですが、プロから見ると
この技術レベルを超えているとも言われています。

声自体も『F分の1ゆらぎ』をもっているのだとか。

マラソンによって鍛えられた
呼吸法なども関係しているかもしれませんね。

スポンサードリンク


朝ドラ「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」の時代背景は
東京オリンピックが開催された
1964年から始まります。

高度成長期の活気あふれた日本を
支えてきた人たちの物語です。

主人公は、有村架純さんがつとめますが
集団就職で上京し
自分の殻を破って、成長していく物語となっているそうです。

東京オリンピックについても
増田明美さんの解説として
聞くことができそうですね。
楽しみにしたいと思います。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*