グランメゾン東京のドラマの料理はランブロワジーのもの?値段は

10月から始まる木村拓哉さんが主演の
日曜ドラマ「グラン・メゾン東京」は
パリのミシュランレストランの
「ランブロワジー」で撮影されました。

ドラマの中で登場する料理は、
本物のランブロワジーのものなのでしょうか?
値段ってどれくらいなのでしょうね。

スポンサードリンク

グランメゾン東京のロケ地が三ツ星レストランのランブロワジー

本場の三つ星レストラン 「ランブロワジー」 で、
世界初のドラマ撮影が実現したのだとか。


出典:ツイッターより

30年以上も3つ星の
名店「ランブロワジー」でのロケを行っています。

スタッフのフランスへの移動費や滞在費だけで、
5000万円以上かかったのだとか。

これに出演者の分も含んだら
どんだけお金かかっているか。
相当なものですね。

予約を取るだけでも
1~2年間は待たされる店だそうです。

ランブロワジーの格式がスゴイ


オバマ大統領もL’Ambroisie(ランブロワジー)で
食事をしていますね。

★L’Ambroisie(ランブロワジー)★
お問い合わせ:0033(0) 1 42 78 51 45
アクセス:9 Place des Vosges, 75004 Paris- France
ホームページ:http://www.ambroisie-paris.com/
営業時間
ランチ:12 :00〜13 :45
ディナー:20:00〜21:45
定休日:日曜・月曜

お店自体も美術館みたいで
素晴らしいですね。

お花を生けるところから、
細心のおもてなしをする様子わかります。

グランメゾン東京の料理はランブロワジーのもの?


「ランブロワジー」シェフ・ベルナール・パコーさんは、

料理に対する原理は何も変わらない。
素材に忠実に料理を行うこと。
できるだけシンプルに料理すること。
手早く加熱し、すぐにお客さんに出すこと。料理とは、それを作る人間の考えの表現なのですから

お店自体が、そのまま絵になるので
ドラマで使うなんて
まあ、ほんとに贅沢な感じです。

最初の1話では、料理のシーンもでてくると思いますが
L’Ambroisie(ランブロワジー)の料理だけでも
しっかり見ておかないとという気になりますね。

スポンサードリンク


1話の「ランブロワジー」のシーンの料理シーンは?

とにかく清潔え、食材もその日に新鮮なものだけを使うので、
数日分まとめて仕込むこともないそうです。

シェフ・ベルナール・パコーさんは、
1番良いものを良い状態でお客様出すという考えなので
オーダーが入ってから、調理します。

さらに、シェフ・ベルナール・パコーさんは、
余計なものはいらないということで、
現代的な道具がないのだとか。

キムタクのドラマでは、
小道具も楽しみですが、
フランスでの調理用具もチェックしておきたいですね。

「ランブロワジー」の料理の値段は?

料理は、その日の新鮮なものを
そのときに料理するとなると、
相当な値段でしょうね。

2人で食事に行ったら、
10万円はかかると言われています。

芸術的で美しくて
素材を生かした料理だそうですから
テレビでみて楽しみたいです。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*