雪虫が札幌で大量発生!2019年の初雪はいつ?大雪との関係は?

雪虫が札幌で大量発生!2019年の初雪はいつ?大雪との関係は?

雪虫が札幌で大量発生というニュースが流れました。
雪虫って、全然知らなかったのですが、
北海道では、毎年10月中旬から下旬にかけて、発生する虫のことなんですね。

大量発生すると、大雪になると昔から言われているようですが
今年の初雪や大雪との関係はどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

雪虫とは


出典:ツイッターより

雪虫とは、正式名をトドノオオワタムシと言います。

大きさは、3~4ミリ位アブラムシの一種で、
白い繊維のようなものを分泌しています。
白腺物質が、綿毛のように見えるので、雪虫と呼ばれています。

秋の終わりに産卵のために、大量発生します。
雪が降る冬に備えて、大移動するために、起こる現象だと言われています。

雪虫大量発生と大雪との関係


ここまで多いと、マスクが必要ですね。

北海道以外の地域でも、「カメ虫」が多く発生する年は、
雪が多いといわれています。

「カメ虫」も集団で越冬する習性があります。
ですから、いつもよりも多く大移動するときは、
大雪が降ると言われています。

雪虫もアブラムシ(カメムシ目ヨコバイ亜目アブラムシ上科)の中でも
白腺物質を分泌する腺を持っているものなので、
雪虫もカメムシも同じ仲間というとことになります。

自然の温度の変化などちゃんとわかっているんですね。

すごいですよね。

スポンサードリンク


2019年初雪はいつ

雪虫が目撃されてから、
だいたい約1週間から10日で初雪が降ると言われています。
10月20日に大量発生しているので、
11月上旬には、初雪になるかもしれません。

札幌ではだいたい平均して、15日後、
旭川では14日後、函館では22日後
根室では、25日後、
帯広・網走では、26日後、釧路では36日後となっています。

札幌の天気予報 最高最低気温
10月22日(火) 晴 19℃/9℃
10月23日(水) 晴 19℃/9℃
10月24日(木) 晴 17℃/7℃
10月25日(金) 晴 16℃/10℃
10月26日(土) 雨   17℃/12℃
10月27日(日) 曇 15℃/9℃
10月28日(月) 曇 15℃/8℃
10月29日(火) 曇時々晴16℃/9℃
10月30日(水) 晴のち雨18℃/9℃
10月31日(木) 雨のち晴20℃/18℃
11月01日(金) 曇一時雨14℃/9℃

雪虫対策

北海道以外に住む人は、雪虫の存在すら知りません。
ふわふわして、くっつくと、少しねばねばします。

北海道に住んでいる人は、綿毛が洋服にひっついてしまったり
自転車で飛ばしていると、口や鼻に入ったり、
まつげについたりして大変です。

特に観光客の人は、何も知らないと、大量発生に出くわすと
あちこちに絡みついてしまうので
マスクや帽子も用意したほうが良さそうです。

雪虫の寿命が、1週間ほどですので、来週ぐらいまでは
雪虫が多い状況が続きそうです。

雪虫をみかけたら、冬支度の準備ですね。

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*